SharePoint および Power Automate におけるメールのベスト プラクティス。

中級
アプリ作成者
Microsoft Power Platform
Power Automate

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

複数の通信方法が使用できる場合でも、メールが主要かつ公式の手段と見なされることが多くあります。 電子承認を送信する場合でも、取引の完了に必要な重要書類を添付する場合でも、メールは企業にとって不可欠なツールです。 このモジュールは、Power Automate フローを使用して電子メールの機能を高め、セキュリティで保護するための主要機能に焦点を当てています。

学習の目的

このモジュールの内容は次のとおりです。

  • 受信メールを監視する。
  • 他のユーザーに代わってメールを送信する。
  • メールにフォーマットを設定する。
  • メールを使用した承認プロセスに承認コネクタを使用する。
  • 添付ファイルとリンクを比較し、どちらをいつ使用するべきか確認する。

前提条件

SharePoint をトリガーとして使用してフローを作成する方法についての基本的な理解