入力バインディングと出力バインディングを使用して Azure Functions を連結する

初級
開発者
Azure
Cosmos DB
Functions
Storage

Azure Functions を使用すると、関数コードをデータやサービスと簡単に統合できます。 バインディングの機能により、読み書きするデータ ソースを宣言すれば、残りの処理は Azure Functions によって行われます。

このモジュールでは、次のことを行います。

  • バインディングによってアクセスできるデータ ソースの種類を確認する
  • Azure Functions を使用して Azure Cosmos DB からデータを読み取る
  • Azure Functions を使用して Azure Cosmos DB にデータを格納する
  • Azure Functions を使用して Azure Queue Storage にメッセージを送信する

前提条件

なし