ビジネス プロセスを自動化するための最適なデザイン優先テクノロジを選択する

あなたは、自転車レンタル ビジネスの予約プロセスを自動化するためのテクノロジを選択しようとしています。

これは元のキャンパスで行われるので、このプロセスを効率化して最新のものにするつもりです。 また、既存の自転車レンタル ビジネスを運営する権利を最近入手した新しいキャンパスで使用されている自転車追跡テクノロジを統合することを考えています。

この演習では、このシナリオの詳しく調べて、使用するテクノロジを選択します。

シナリオ

元のキャンパスには、5 つの自転車レンタル店があります。 各店舗には、貸し出し用の自転車のリストと、自転車とその機能および既に貸し出されているか店舗にあるかを記録する独自のデータベースがあります。

現在は、各自転車はそれが属している店舗からのみ貸し出すことができます。 顧客が別の店舗に自転車を返却すると、その自転車がデータベースにリストされている店舗まで、スタッフが移動して戻します。 あなたは、どの店舗からでも各自転車を貸し出すことができるように、プロセスを変更したいと考えています。 しかし、スタッフがすばやく各自転車の位置を確実に見つけられるようにしたいとも思っています。

隣の州の大学には、自転車の場所を追跡するサード パーティ システムに投資している自転車レンタル会社があります。 自転車が店舗に戻されると、クロスバーに付いている一意のバーコードがスキャンされます。 自転車追跡データベースは、バーコードをスキャンした店舗の名前で自動的に更新されます。 顧客が自転車を持って店舗から出ると、場所は "On Hire" (貸し出し中) に変更され、顧客の名前が別の列に記録されます。

このシステムは、顧客が特定のフレーム サイズの自転車や、電動アシストやマウンテン バイクなどの特定の機能を備えた自転車を希望するときに、役に立つことが実証されています。 店舗に適切な機能を備えた自転車がない場合は、そのような自転車がある店舗をすばやく検索し、取り寄せたり、顧客をその店舗に向かわせたりできます。 この自転車追跡データベースには、他のシステムから呼び出すことができる REST API があります。

あなたの会社の社長は、あなたが開発しているワークフローをよく理解したいと思っています。 過去に、ドキュメントとカスタム コードが同期していないという問題が発生したことがあり、社長は実装のプロセスを自分で確認しようとしています。

ビジネス プロセス

あなたは、両方のキャンパスで、自転車の予約とレンタルのプロセスを次のようなワークフローに更新しようと考えています。

自転車の予約とレンタルのワークフロー

詳細は次のとおりです。

  1. 顧客が、電話、直接、または Web サイトで、自転車を要求する。
  2. 店舗のスタッフが、顧客の詳細とフレームのサイズを記録する。
  3. 顧客は、電動モーター、サスペンション、チャイルド トレーラーなどの特定の機能を必要としているか。 必要ならどのような機能か。
  4. そのフレーム サイズと機能を備えたすべての自転車の場所はどこか。 この情報が、自転車追跡データベースから取得されて、バーコード スキャン システムにより最新の状態に保持される。
  5. 要求された機能とフレーム サイズの自転車が適切な店舗にあるか。 ある場合、その自転車を予約する。
    1. ない場合は、最も近い自転車はどこか。 その自転車を予約する。
    2. 自転車を顧客まで移動するよう、スタッフにメールを送信する。
    3. 新しい場所でバーコードをスキャンする。
  6. 自転車を顧客に渡し、場所を "On Hire" に更新する。
  7. 顧客から支払いを受け取る。

これは、プロセス全体を簡略化したものです。 わかりやすくするため、希望のフレーム サイズや機能を搭載した自転車を貸し出すことができないようなエッジ ケースは省略してあります。 この簡略化されたプロセスでは扱われていない他のケースを思いつくこともあるかもしれません。

テクノロジの選択

ビジネス プロセスを実装して自転車追跡データベースと統合するために使用できる Azure テクノロジについて考えてみましょう。

  • Microsoft Flow
  • Azure Logic Apps
  • Azure Functions
  • Azure サービス アプリ WebJobs

これらのいずれかのテクノロジや他のテクノロジを使って、このビジネス プロセスのワークフローを作成できます。 各テクノロジは REST API と統合することもできるので、これらのテクノロジのいずれかを使用して自転車追跡システムと統合できます。 どうすれば選択できますか。

デザイン優先かコード優先か

社長とそのスタッフは、ワークフローと、コードや実装を調べるより高いレベルについて理解することを望んでいることがわかっています。 また、プロセスを変更したときに簡単に一致しなくなるので、別のドキュメントでプロセスを説明することも望んでいません。

デザイン優先アプローチを選択すると、ワークフローはわかりやすくデザイン画面で視覚化されます。 さらに、その図は別のドキュメントではなく、実装されているとおりのプロセスを表しています。 利点は、プロセスが変更されたときに図が更新されないような状況が発生する可能性がないことです。

このため、デザイン優先アプローチを選択します。

Microsoft Flow か Azure Logic Apps か

次に、2 つのデザイン優先テクノロジのどちらかを選択する必要があります。

  • Microsoft Flow
  • Azure Logic Apps

シナリオには、店舗のスタッフがビジネス プロセスを変更できるようにする必要があるといった提案はありません。 さらに、REST API を使用して自転車追跡データベースに接続するには、カスタム コネクタを作成する必要があります。 これは、開発者のタスクです。

カスタム コネクタとワークフローの開発は同じ人またはチームによって行われるようにするのが妥当であると思われます。 これらは開発者でなければならないので、Azure Logic Apps を使うのが最善です。

この演習で示すように、ビジネス プロセスと対象ユーザーを理解するだけで、特定のソリューションに対して使用するテクノロジを絞り込むことができます。