データの種類を確認する

完了

Azure Monitor でさまざまなソースからデータを収集することができます。 アプリケーションやそれが依存するオペレーティング システムやサービスから、プラットフォーム自体に至るまで、アプリケーションのさまざまな階層のデータ監視を検討することができます。 Azure Monitor は、以下のそれぞれの層からデータを収集します。

  • アプリケーション監視データ: プラットフォームを問わず、記述したコードのパフォーマンスと機能に関するデータ。
  • ゲスト OS 監視データ: アプリケーションが実行されているオペレーティング システムに関するデータ。 アプリケーションは Azure、別のクラウド、またはオンプレミスで実行できます。
  • Azure リソース監視データ: Azure リソースの操作に関するデータ。
  • Azure サブスクリプション監視データ: Azure サブスクリプションの操作および管理に関するデータと、Azure 自体の正常性および操作に関するデータ。
  • Azure テナントの監視データ: Azure Active Directory など、テナント レベルの Azure サービスの操作に関するデータ。

Azure サブスクリプションを作成してリソースを追加するとすぐに、Azure Monitor でデータの収集が始まります。 アクティビティ ログは、リソースが作成または変更されたときに記録されます。 メトリックには、リソースがどのように実行されているかと、そこで消費されているリソースが示されます。

データの収集をリソースの実運用にまで拡張するには、診断を有効にしてコンピューティング リソースにエージェントを追加します。 データ ソースを拡張すると、リソースの内部操作のデータが収集されます。 また、さまざまなデータ ソースを構成して、Windows および Linux ゲスト オペレーティング システムからログとメトリックを収集することもできます。

注意

Azure Monitor では、Data Collector API を使用して任意の REST クライアントからログ データを収集できます。 データ コレクター API を使用すると、カスタム監視シナリオを作成し、他のソースを通じてデータが公開されないリソースも監視対象に含めることができます。