仮想マシンのデータを保護する

完了

データは、定期的にバックアップすることで保護することができます。 ユースケースに応じて、複数のバックアップ オプションを VM に使うことができます。

スナップショット、Azure Backup、Azure Site Recovery。

Azure Backup

実稼働ワークロードを実行している Azure VM のバックアップには、Azure Backup をご利用ください。 Azure Backup では、Windows VM と Linux VM のアプリケーション整合性バックアップをサポートしています。 Azure Backup では、geo 冗長 Recovery コンテナーに保存される復旧ポイントが作成されます。 復旧ポイントから復元するときは、VM 全体を復元するか、特定のファイルだけを復元することができます。

Azure Site Recovery

Azure Site Recovery を使えば、大きな自然災害や広範囲にわたるサービス中断によりリージョン全体で障害が発生したような状況でも、VM を保護することができます。 VM に Azure Site Recovery を構成して、1 回のクリックによってわずか数分でアプリケーションを復旧できるようにします。 任意の Azure リージョンにレプリケートできます。

マネージド ディスクのスナップショット

開発環境やテスト環境では、管理ディスクを使用している VM のバックアップをスナップショットを使って迅速かつ簡単に作成できます。 マネージド ディスクのスナップショットはマネージド ディスクの読み取り専用のフル コピーであり、デフォルトで Standard マネージド ディスクとして保存されます。 スナップショットを使用すると、任意の時点のマネージド ディスクのバックアップを作成できます。 これらのスナップショットはソース ディスクとは独立して存在し、新しいマネージド ディスクの作成に使用できます。 これらは使用済みサイズに基づいて請求されます。 たとえば、64 GiB のプロビジョニング済み容量でマネージド ディスクのスナップショットを作成し、実際に使用されたデータ サイズが 10 GiB である場合、スナップショットは使用されたデータ サイズである 10 GiB 分のみ課金されます。

イメージ

マネージド ディスクでは、マネージド カスタム イメージの作成もサポートしています。 イメージは、ストレージ アカウント内のカスタム VHD から作成することも、一般化された (sysprep 済み) VM から直接作成することもできます。 このプロセスでは単一イメージもキャプチャされます。 このイメージには、OS ディスクとデータ ディスクの両方を含め、VM に関連付けられているすべてのマネージド ディスクが含まれます。 このマネージド カスタム イメージにより、ストレージ アカウントのコピーや管理を必要とせずに、カスタム イメージを使用して数百台の VM を作成できます。

イメージとスナップショット

イメージとスナップショットの違いを理解しておくことが重要です。 マネージド ディスクでは、割り当てが解除された、汎用化された VM のイメージを取得できます。 このイメージには、VM に接続されているすべてのディスクが含まれます。 このイメージを使用して VM を作成できます。作成された VM にはすべてのディスクが含まれます。

  • スナップショットは、スナップショットの作成時点のディスクのコピーです。 1 つのディスクにのみ適用されます。 VM が使用しているディスク (OS ディスク) が 1 つの場合、スナップショットまたはイメージを作成し、そのスナップショットまたはイメージから VM を作成できます。
  • スナップショットは、含まれているディスク以外のディスクを認識していません。 このため、ストライピングなど、複数のディスクの調整が必要なシナリオで使用するには問題があります。 スナップショットには相互に調整する機能が必要ですが、これは現在サポートされていません。

注意

これらのバックアップ方法のどれかを試したことがありますか? バックアップ計画はありますか?