Recovery Services コンテナーのバックアップ オプションを設定する

完了

Recovery Services コンテナー は、データを格納する Azure のストレージ エンティティです。 データは通常、データのコピーであるか、仮想マシン (VM)、ワークロード、サーバー、ワークステーションのいずれかの構成情報です。 Recovery Services コンテナーを使用すると、IaaS VM (Linux または Windows) や Azure SQL データベースなどのさまざまな Azure サービスのバックアップ データを保持できます。 Recovery Services コンテナーは、System Center DPM、Windows Server、Azure Backup Server などをサポートします。 Recovery Services コンテナーでは、管理オーバーヘッドを最小限に抑えながら、バックアップ データを簡単に整理できます。

  • Recovery Services コンテナーを使用して、Azure のマシンをバックアップできます。
    ASV ページのスクリーンショット。[Azure] と [仮想マシン] が選択されています。

  • Recovery Services コンテナーを使用して、Hyper-V、VMware、システム状態、ベア メタル回復などのオンプレミスの仮想マシンをバックアップできます。

    バックアップ ページのスクリーンショット。