演習 - データを表示するコントロールの追加

完了

データを追加しても、ユーザーがアプリで表示できるとは限りません。 表示するにはコントロールを追加する必要があります。 データ行の繰り返しを表示する 2 つの主なコントロールは、データ テーブルとギャラリーです。

データの表示方法の決定

データ テーブルは、Microsoft Excel スプレッドシートのような方法でデータをすぐに表示できるという点で便利です。 デメリットは、データの編集や多くのカスタマイズを行えないという点です。個々の列をカスタマイズすることもできません (列の幅に変化を付けるなど)。 ギャラリーの方がかなり細かくカスタマイズできます。 特定のデータ行にアクションを実行するボタンを追加したり、フィールドを希望どおりに書式設定したりできます。 ギャラリーを使用する場合のデメリットは、作成やカスタマイズに手間がかかるという点です。 さらに、横方向と縦方向の両方にスクロールすることはできません。ギャラリーではどちらかしか許可されないためです。

このソリューションでは、データ テーブルで可能な範囲を超えたカスタマイズをビューに加え、データに対してアクションを実行するため、ギャラリーを使用します。

ギャラリーを追加するには、次の手順を実行します。

  1. Scr_AllExpenses が表示されていることを確認し、リボンで 挿入 タブを選択します。次に、ギャラリー ドロップダウン メニューを選択すると、 または を選択するオプションが表示されます。 このソリューションでは、 のギャラリーに表示した方が便利です。

    「挿入」タブのスクリーンショット。「ギャラリー」ドロップダウン メニューが選択されており、「縦」オプションが強調表示されている。

    ギャラリーを挿入すると、複数のプレースホルダー データ行を表示できます。 図と同様に、ギャラリーから正しいデータをポイントする必要があります。

  2. プロパティ ペインで、データ ソース ドロップダウン メニューを選択し、経費精算書 を選択します。

    「データ ソース」ドロップダウン メニューおよび「経費精算書」が強調表示されたスクリーンショット。

  3. ギャラリーの名前を Gal_ExpenseReports_AllExpenses に変更します。

    ギャラリーは現在空になっています。 すぐにデータを追加し、どうなるかを確認できます。 まず、経費精算書には画像が必要ないため、ギャラリーのレイアウトを更新できます。

  4. プロパティ ペインで レイアウト ドロップダウン メニューを選択し、タイトルとサブタイトル を選択します。

    「レイアウト」ドロップダウン メニューのスクリーンショット。「タイトルとサブタイトル」が強調表示されている。

  5. リボンで ファイル を選択し、さらに続行する前に 保存 を選択してアプリを保存します。

    「ファイル」が強調表示されたリボンのスクリーンショット。

    バージョン メモ付と保存日オプションが表示された旅費精算書のスクリーンショット。「保存」が強調表示されている。

Microsoft Power Apps では 2 分おきに保存されますが、頻繁に保存することをお勧めします。 1 つの理由は、開発マイルストーンのたびにバージョン メモを追加して進捗状況を追跡できるからです。 それにより、重大なエラーが発生した場合、前のバージョンを復元できるようになります。 さらに、現在 2 分サイクルのどの時点にいるかはわからず、インターネットやコンピューターで問題が発生した場合は保存する必要があります。