さまざまなデータ ソースの概要

完了

前のユニットでは、Power Apps からデータ ソースを直接参照することについて学習しました。 データ ソースの 2 つのタイプは、表形式とアクション ベースです。 復習のため、それらを次に示します。

表形式のデータ - 表形式のデータ ソースにより、構造化された表形式でデータが返されます。 Power Apps は、ギャラリー、フォーム、およびその他のコントロールを通じてこれらのテーブルを直接読み取って表示することができます。 さらに、データ ソースでサポートされている場合は、Power Apps でデータの作成、編集、およびこれらのデータ ソースからデータを削除できます。 例として、Microsoft Dataverse、SharePoint、および SQL Server があります。

アクション ベースのデータ - アクション ベースのデータ ソースは、関数を使用して、データ ソースと対話します。 これらの関数は、データのテーブルを返したり、メールの送信、アクセス許可の更新、またはカレンダー イベントの作成など、データを更新したりするために使用できます。 例には、Office 365 Users、Project Online、Azure Blob Storage が含まれます。

これらのデータ ソースのタイプはどちらも、アプリにデータと追加機能を取り込むために一般的に使用されています。 また、Power Apps にはもう 1 種類の特殊な接続、Power Automate への接続があります。

Power Automate はクラウドベースのサービスであり、基幹業務ユーザーは、アプリケーションやサービスにおいて時間のかかる業務タスクやプロセスを自動化するワークフローを構築できます。 Flow は Office 365 の一部であるため、Power Apps のライセンスをお持ちの場合は、Flow のライセンスもお持ちです。つまり、その機能を統合して、追加コストなしで Office 365 アプリを拡張することができます。

Power Automate を使用すると、その組み込みアクションを使用してアプリの機能を強化することができます。 たとえば、複雑な承認の構築、ビジネス ロジックの追加、外部データ ソースとのより良い統合、PDF の作成などが行えます。 Power Automate の詳細および Power Apps との統合方法については、このモジュールで後ほど学習します。

次のユニットでは、Office 365 ユーザー コネクタをアプリに追加して、情報を取得および更新するアクション ベースのコネクタについて学習します。