Power Automate は Power Apps のコンパニオンです

完了

Power Automate は、Microsoft 365 エコシステムのスタンドアロン コンポーネントですが、Power Apps の優れたコンパニオンでもあります。 これは、Power Automate には Power Apps と直接やりとりするためのアクションとトリガーがあるからです。 この接続により、アプリで Power Automate の機能を簡単に活用することができます。

ビジネス ロジック

Power Apps は、ユーザーがアクティビティを実行した後に、直接実行したいアクションがあるシナリオに適しています。 一例として、ユーザーが新しい経費報告を送信した後に、メールを送信する場合が考えられます。 経費報告書を送信したことを誰かに通知する必要がある場合は、直接 Power Apps から簡単に行うことができます。

しかし、単に誰かに通知するだけでなく、承認プロセスも開始したい場合はどうでしょうか。 これは、Power Automate に接続することでアプリケーションを引き立たせるよい例です。Power Apps ’では、ユーザーがデータを送信するときに、Power Automate フローをトリガーできます。 次に、Power Automate では、そのユーザーのマネージャーが誰かを検索でき、マネージャーに承認要求を送信できます。 その後、Power Automate によって、容易にマネージャーからの応答を取得し、その応答に基づいた状態でデータ ソースを更新して、最終的に元の送信者に更新を送信することができます。

承認は、Power Automateのネイティブ機能を使用して、アプリの機能をどのように強化できるかを示す 1 つの例にすぎません。

データ接続

Power Apps では、組み込みコネクタ、Premium コネクタ、カスタム コネクタを使用してデータを接続するための多くのオプションが提供されていますが、場合によってはそれ以上のものが必要な場合もあります。 カスタム API のような一部のデータ ソースでは、データを使いにくい形式にして戻される場合があります。 たとえば、アプリでは、複雑な JSON 構造体はユーザーフレンドリではありません。 ここで、Power Automate が役に立ちます。 Power Automate には、これらの複雑なデータ構造の処理に優れた、ネイティブに組み込まれている追加のアクションと式があります。 さらに重要なことに、これらのアクションと式を使うと、データ全体を解析して、はるかに使いやすいオブジェクトに再構築することができます。 データが解析されると、Power Automate はわかりやすいデータだけで Power Apps に応答できます。

Power Automate を使用して、複雑なデータ ソースとやりとりし、オブジェクトを再構築して、必要なデータのみを Power Apps に返します。 このビデオでは、Power Apps に接続するための Power Automate フローの作成の開始方法を紹介しています。

次のビデオは、Power Apps アプリケーションのデータ ソースとして Power Automate を使用する方法を示しています。

Power Apps と Power Automate に接続 して、より優れた機能をアプリに取り込むことができます。