課題

完了

前に、不正な注文の可能性がある注文 ID を格納するコードの作成を始めました。 できるだけ早い段階で不正な注文を見つけて、より詳しく分析するためにフラグを付けようと考えています。

Microsoft のチームがパターンを見つけました。 文字 "B" で始まる注文は、通常の 25 倍の不正に遭遇します。 ここでは、注文 ID が文字 "B" で始まる新しい注文の注文 ID を出力する新しいコードを記述します。 不正対策チームはこれを使用してさらに調査します。

ステップ 1 - 前の演習のコードを削除する。

すべてのコードを選択して、キーボードの Backspace キーまたは del キーを押します。

ステップ 2 - 疑似の注文 ID を保持するための新しい配列を宣言して初期化する。

配列を初期化するには、次に示す疑似の注文 ID データを使用する必要があります。

B123
C234
A345
C15
B177
G3003
C235
B179

ステップ 3 - 配列の各要素を反復処理する。

foreach ステートメントを使用し、宣言して初期化した配列の各要素を反復処理します。

ステップ 4 - 疑似の注文 ID が "B" で始まっている場合、その注文 ID を出力する。

配列の各要素を評価します。 不正の可能性がある文字 "B" で始まる注文 ID を探して出力します。 出力は、次のスクリーンショットと一致する必要があります。

B123
B177
B179

要素が文字 "B" で始まるかどうかを判断するには、String.StartsWith() メソッドを使用します。 String.StartsWith() メソッドを使用してコードで使用できるようにする方法の簡単な例を次に示します。

string name = "Bob";
if (name.StartsWith("B"))
{
    Console.WriteLine("The name starts with 'B'!");
}

重要

ヒントを次に示します。配列内の各要素を反復処理するときは、if ステートメントが必要になります。 if ステートメントでは、文字列クラスのメソッドを使用して、文字列が特定の文字で始まっているかどうかを判断する必要があります。 if ステートメントの使い方がわからない場合は、「C# で if-elseif-else ステートメントを使用して決定ロジックをコードに追加する」モジュールを参照してください。

行き詰まって解答を見る必要がある場合でも、無事完了した場合でも、この課題の解答を引き続きご覧ください。