まとめ

完了

ここでの目標は、特殊文字 (二重引用符、改行、タブ、その他の空白など) を含む文字列を書式設定するコードを記述し、Unicode 文字を使用し、2 つの異なる手法を利用して文字列を結合することでした。

文字エスケープ シーケンスを使用し、特殊なエスケープ シーケンスまたは逐語的文字列を使用することでリテラル文字列に特殊文字を追加しました。 日本語の漢字やロシア語のキリル文字など、他の言語セットの Unicode 文字をリテラル文字列に追加しました。 + 記号により単純な文字列連結を使用し、文字列補間にアップグレードして値を組み合わせ、文字列テンプレートを作成しました。

出力を書式設定することができなければ、ユーザーに提示する情報の種類に関して、厳しい制約が生じることになるかもしれません。 しかしながら、さまざまな書式設定、記号、言語を利用し、洗練された指示とフィードバックをユーザーに提供できるようになりました。

.NET 初心者向けビデオ シリーズで詳しく学習する

さらに情報をお探しの場合

ビルドの準備ができている場合

その他のリソースと接続方法を確認する