演習 - 整数型

この演習では、整数型を操作します。 整数型 は、整数 (非小数) を表す単純な値の型です。 このカテゴリで最もよく使われるのは、int データ型です。

整数型には、符号付き および 符号なし 整数型という 2 つのサブカテゴリがあります。

符号付き整数型

符号付き型 では、そのバイトを使用して同数の正と負の数値を表します。 次の演習では、C# の符号付き整数型について説明します。

ステップ 1 - 各符号付き整数型に対して MinValue プロパティと MaxValue プロパティを使用する

各種データ型の値の範囲を表示するには、.NET エディターに次のコードを入力します。

Console.WriteLine("Signed integral types:");

Console.WriteLine($"sbyte  : {sbyte.MinValue} to {sbyte.MaxValue}");
Console.WriteLine($"short  : {short.MinValue} to {short.MaxValue}");
Console.WriteLine($"int    : {int.MinValue} to {int.MaxValue}");
Console.WriteLine($"long   : {long.MinValue} to {long.MaxValue}");

ステップ 2 - コードを実行して、各データ型の値の範囲を検査する

次の出力が表示されます。

Signed integral types:
sbyte  : -128 to 127
short  : -32768 to 32767
int    : -2147483648 to 2147483647
long   : -9223372036854775808 to 9223372036854775807

ほとんどの科学系ではないアプリケーションでは、int を操作するだけでよい場合があります。 ほとんどの場合、- 21 億 4,000 万から + 21 億 4,000 万の範囲を超える整数が必要になることはありません。

符号なし整数型

符号なし整数型 では、そのバイトを使用して正数のみを表します。 この演習の残りの部分では、C# の符号なし整数型について紹介します。

ステップ 3 - 各符号なし整数型に対して MinValue プロパティと MaxValue プロパティを使用する

前のコード節の下に、次のコードを追加します。

Console.WriteLine("");
Console.WriteLine("Unsigned integral types:");

Console.WriteLine($"byte   : {byte.MinValue} to {byte.MaxValue}");
Console.WriteLine($"ushort : {ushort.MinValue} to {ushort.MaxValue}");
Console.WriteLine($"uint   : {uint.MinValue} to {uint.MaxValue}");
Console.WriteLine($"ulong  : {ulong.MinValue} to {ulong.MaxValue}");

ステップ 4 - コードを実行して、各データ型の値の範囲を検査する

このコードを実行すると、次の出力が表示されます。

Signed integral types:
sbyte  : -128 to 127
short  : -32768 to 32767
int    : -2147483648 to 2147483647
long   : -9223372036854775808 to 9223372036854775807

Unsigned integral types:
byte   : 0 to 255
ushort : 0 to 65535
uint   : 0 to 4294967295
ulong  : 0 to 18446744073709551615

特定のデータ型を任意の目的に使用できますが、byte データ型で 0 から 255 の値を表せることを考えると、これがデータの バイト を表す値を保持するためのものであることは明らかです。 インターネット経由で転送されるファイルまたはデータに格納されるデータは、多くの場合、バイナリ形式です。 これらの外部ソースからのデータを操作する場合は、データをバイト配列として受信し、それらを文字列に変換する必要があります。 データのエンコードとデコードを処理する .NET クラス ライブラリのメソッドの多くでは、バイト配列を処理する必要があります。

まとめ

  • 整数型は、整数を保持できる単純な値データ型です。
  • 符号付きおよび符号なしのデータ型があります。 符号付き整数型では 1 ビットを使用して、値が正であるか負であるかを格納します。
  • 数値データ型の MaxValue および MinValue プロパティを使用して、数値が特定のデータ型に適合できるかどうかを評価できます。