はじめに

完了

C# でアプリケーションを作成する場合、その多くで、データを操作する必要があります。 アプリケーションでは、データをハードコーディングすることがあります。 たとえば、何らかの操作が成功したときに、ユーザーにメッセージを出力する必要がある場合があります。 "成功" メッセージは、アプリケーションが実行されるたびに、おそらく同じになるでしょう。

しかし、多くの場合、アプリケーションの作成時には不明なデータを操作することになります。 多分、データはキーボード入力を介して取得されるか、またはファイルまたはインターネットから取得されます。 そのため、アプリケーションの実行時にメモリにデータを格納できる変数と呼ばれる構造体を作成する必要があります。

さまざまな種類のデータを含む書式設定されたメッセージをエンド ユーザーに表示したいとします。 メッセージの場合はハードコーディングされた文字列が含まれますが、それを、アプリケーションがユーザーから収集した情報と組み合わせることができます。 書式設定されたメッセージを表示するには、ハードコーディングされた値を作成することに加えて、特定の型のデータ (数値、英数字など) を格納できる変数を定義する必要があります。

このモジュールでは、さまざまなデータ型を含むハードコーディングされたリテラル値を作成します。 特定のデータ型を保持できる変数を作成し、それらの変数に値を設定し、さらに後でコード内でそれらの値を取得します。 最後に、一部の作業をコンパイラに負担させることで、コードを簡略化する方法について説明します。

このモジュールを終了すると、リテラル値の作成、変数へのデータの格納、および変数からのデータの取得を行えるようになります。

学習の目的

このモジュールでは、次のことを行います。

  • 5 つの基本データ型のリテラル値を作成する
  • 変数を宣言して初期化する
  • 変数の値の取得および設定を行う
  • 初期化時にコンパイラが変数のデータ型を判定できるようにする

前提条件

  • 基本的な C# 構文規則を理解している必要があります
  • Console.WriteLine() の使用方法を理解している必要があります。