はじめに

完了

Azure VM Image Builder と一般化された Windows Server イメージを使用して、Microsoft Azure サブスクリプションにデプロイできる仮想マシン (VM) を作成および管理できます。

シナリオ

Contoso は、ロンドンの中規模金融サービス会社であり、ニューヨークにブランチ オフィスを構えています。 そのコンピューティング環境のほとんどは、Windows Server 上でオンプレミスで実行されます。 これには、Windows Server 2012 R2 ホスト上の仮想化されたワークロードが含まれます。 Contoso の IT スタッフは、Contoso のサーバーを Windows Server 2019 に移行するプロセスを進めています。

Contoso の IT ディレクターは、Contoso の運用モデルが古くなり、自動化が制限され、時代遅れのテクノロジに依存していることを認識しています。 Contoso の IT エンジニアリング チームは、Azure 機能の調査を開始しました。 Azure のサービスが、自動化と仮想化を通じて、現在の運用モデルの最新化に役立つかどうかを判断したいと考えています。

Contoso の IT チームは初期設計の一環として、リード システム エンジニア兼サーバー管理者のあなたに、概念実証環境のセットアップを依頼しました。 この環境では、Azure のサービスが IT インフラストラクチャの最新化とビジネス目標の達成に役立つかどうかを確認する必要があります。

IT 運用スタッフは、Azure で VM を作成するプロセスを開始しました。これには、多くの VM が必要です。 リード システム エンジニアは、プロセスを高速化する方法を見つけるように依頼されました。 Azure VM Image Builder と事前構成済みのイメージが役立つ可能性があるかどうかを調査することにしました。

このモジュールでは、一般化されたイメージの作成、その一般化されたイメージからのマネージド イメージの作成、およびマネージド イメージからの VM の作成について説明します。 また、Azure VM Image Builder を実装する方法についても説明します。 最後に、Azure VM Image Builder テンプレートを使用して事前に構成されたイメージを作成する方法について説明します。

このモジュールを完了すると、一般化されたイメージから新しい VM を作成し、Azure VM Image Builder テンプレートを使用して Azure でイメージを作成および管理できるようになります。

学習の目的

このモジュールを終了すると、次のことができるようになります。

  • 一般化されたイメージを作成します。
  • 一般化されたイメージから新しい VM を作成します。
  • Azure で一般化された VM のマネージド イメージを作成します。
  • マネージド イメージから VM を作成します。
  • Azure VM Image Builder について説明します。
  • Azure VM Image Builder を使用して、Windows イメージを作成します。

前提条件

このモジュールから最大限の学習エクスペリエンスを得るには、次の領域に関する知識と経験があることが重要です。

  • Active Directory Domain Services (AD DS)、ドメイン ネーム システム (DNS)、分散ファイル システム (DFS)、Microsoft Hyper-V、ファイル サービスおよび記憶域サービスなど、オンプレミスのシナリオでの Windows Server オペレーティング システムと Windows Server のワークロードの管理。
  • 一般的な Windows Server management tools。
  • Microsoft のコア コンピューティング、ストレージ、ネットワーク、および仮想化テクノロジ。
  • 回復性を備えたオンプレミスかつ Windows Server ベースのコンピューティングおよびストレージ テクノロジ。
  • Azure でのサービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) サービスの実装と管理。
  • Azure Active Directory (Azure AD)。
  • セキュリティ関連のテクノロジ (ファイアウォール、暗号化、多要素認証)。
  • Windows PowerShell スクリプト。
  • 自動化と監視。