デスクトップ フロー用 Power Automate を無人モードで実行する

中級
ビジネス ユーザー
アプリ作成者
Microsoft Power Platform
Power Automate

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

ロボティック プロセス オートメーション (RPA) を構築する場合、フローを常に監視できるとは限りません。 このモジュールでは、UI と API フローを無人モードで実行する方法について説明することにより、この課題のソリューションについて説明します。

学習の目的

このモジュールの内容は次のとおりです。

  • 基本的なデスクトップ フローを無人モードで実行する。
  • デスクトップ フローとクラウド フロー シナリオを無人モードで実行する。
  • 非アテンド型デスクトップ フローのベスト プラクティスと設定について学ぶ。

前提条件

このモジュールの演習を行うための有料の無人 RPA ライセンス。無人の試用版ライセンスは使用できません。 Microsoft Power Automate についての基本的な理解。 このモジュールは、「最初のデスクトップ UI フロー用 Power Automateを作成する」、「入力パラメーターと出力パラメーターを使用する」、「Desktop UI フローへのゲートウェイを作成する」、「Outlook コネクタとの統合」、「AI Builder を使用して請求書フォームを処理する」、「Teams コネクタとアダプティブ カードを使用する」の各モジュールを基にしています。