AI Builder テキスト認識で Power Automate フローを作成する

完了

この演習では、Power Automate フローを作成し、画像がフォルダーに追加されるとどうかを確認して、AI Builder テキスト認識をトリガーします。 次に、認識されたテキストを Microsoft Dataverse に保存します。 このプロセスは、紙のフォームのデジタル化を自動化するのに役立ちます。 詳細については、「Power Automate でフローを作成する」を参照してください。

認識されたテキストを格納する Dataverse エンティティの作成

認識されたテキストを格納する Dataverse エンティティを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Power Apps に移動します。
  2. データ メニューを開き、テーブル サブメニューを開きます。
  3. エンティティに関する情報を入力するためのサイド パネルを開くには、+ 新しいエンティティ ボタンを選択します。 この例では、テキスト レコグナイザーの結果 を表示名として使用します。
  4. 完了したら、作成 を選択します。 名前 フィールドは自動的に作成され、認識されたテキストを格納するために使用されます。

次の図は、エンティティ構造の例を示しています。

名前、データ タイプ、タイプ、およびその他のフィールドを示す、[テキスト レコグナイザーの結果] エンティティの [フィールド] タブのスクリーンショット。

これで、AI Builder テキスト認識のトリガーを管理する Power Automate で、画像を OneDrive for Business に追加するときに、フローを作成できます。 作成したエンティティに結果を保存できます。

  1. Power Automate Microsoft Power Platform に移動します。
  2. 作成 メニューを開きます。
  3. 一から開始 セクションで、自動フロー を選択します。
  4. 名前として、Contoso テキスト認識 と入力します。
  5. ファイルが作成されたとき - OneDrive for Business をトリガーとして入力します。
  6. 完了したら、作成 を選択します。

注意

Outlook にメールが届いたときレコードが Dataverse に作成されたときアイテムが SharePoint に作成されたとき など、任意のトリガーを使用できます。

Power Automate が新しい着信画像を監視するフォルダーを設定する

この例では、Folder プロパティを 画像 フォルダーに設定します。

AI Builder テキスト認識の呼び出し

  1. 新しいステップ を選択します。
  2. 予測 - Dataverse を選択します。
  3. モデル ドロップダウン メニューの テキスト認識モデル を選択します。
  4. 画像ファイル ドロップダウン メニューの ファイルのコンテンツ を選択します。

[画像ファイルの動的コンテンツの追加] ドロップダウン メニューのある「予測」ステップのスクリーンショット。 「ファイルが作成されたとき」の下で、「ファイルのコンテンツ」が選択されています。

以前に作成したエンティティに結果を保存できます。

AI Builder テキスト認識によって抽出されたテキストに対して、最初に反復処理を行って以前に作成したエンティティに結果を保存するには、次のステップを実行します。

  1. 新しいステップ を選択します。
  2. 個々に適用 を選択します。
  3. 前のステップからの出力の選択 フィールドで、画像で検出されたさまざまなテキストを反復処理する 応答の結果 を選択します。

[画像ファイルの動的コンテンツの追加] ドロップダウン メニューで「出力」を選択した、個々に適用ステップのスクリーンショット。 「予測」の下で、「応答の結果」が選択されています。

エンティティに結果を保存します

集計データ エンティティを保存するには、次のステップを実行します。

  1. アクションの追加 を選択します。
  2. 新しいレコードの作成 - Dataverse を選択します。
  3. 環境 プロパティに、以前にエンティティを作成した環境名を入力します。
  4. Entity Name プロパティに、テキスト レコグナイザーの結果 を入力します。
  5. 名前 プロパティで、応答結果行の検出されたテキスト を選択します。

[画像ファイルの動的コンテンツの追加] ドロップダウン メニューのある「 レコードの新規作成」ステップのスクリーンショット。 応答の結果ページが選択されています。

注意

メールで結果を送信したり、SharePoint でファイルを作成をしたりすることなどもできます。

結果のフローは、次の図のようになります。

ファイルが作成されたとき、予測、個々に適用、個々に適用 2 (入れ子式)、およびレコードの新規作成 (入れ子式) を示す結果のフローのスクリーンショット。

保存 を選択すると、フローで画像を処理する準備が整います。

次の図は、OneDrive for Business の 画像 フォルダーにドロップできるファイルの例です。

読み取りが困難な手書きテキストを示す画像フォルダーにドロップできるファイルの例。こんにちは、私は (判読不能) で、私の手書きは読み取りにくいです。

Power Automate は、このファイルを自動的に処理し、AI Builder テキスト認識をトリガーして、認識されたテキストの各行をエンティティに保存します。

テキスト レコグナイザーが結果を返します。こんにちは、私は favor で私たちの手書きは fewible です。