AI Builder 名刺リーダーの概要

完了

このコースを開始する前に、最初に「AI Builder 入門」のモジュールと AI Builder とは? の内容を確認しておくことをお薦めします。

名刺モデルの概要

事前構築済み名刺 AI モデルを使用して、名刺の画像から情報を抽出できます。 画像で名刺を検出すると、AI モデルは名前、役職、住所、メール、会社、電話番号などの情報を抽出します。

AI Builder では、さまざまな名刺デザインと形式にアクセスできます。 AI builder は、名刺のフィールドをより明確に識別できるように、名刺の AI モデルの正確性を常に向上しています。

現在、英語版の名刺のみがサポートされており、JPG、PNG、BMP、TIFFの各ファイルがサポートされています。 今後、より多くの言語とファイル形式が追加される予定です。

モデル駆動型アプリ、キャンバス アプリ、および Power Automate フローで名刺リーダーを使用できます。 また、名刺リーダーは、Dynamics 365 Sales Enterprise Quick Create: Contact および Quick Create: Lead フォームにも含まれており、これらを使用して、名刺から連絡先とリードの情報を自動的に入力できます。

「連絡先のクイック作成」を含む、名刺スキャンのモバイル スクリーンショット。