名刺リーダーをキャンバス アプリに追加する

完了

この演習の目標は、写真を撮影するか、ファイル システムから既存の写真をアップロードして、画像に含まれている連絡先情報を抽出することです。 次に、Power Apps でキャンバス アプリを構築し、名刺リーダー コンポーネントを使用します。

詳細については、Power Apps のキャンバス アプリとは および キャンバス アプリのドキュメントの名刺リーダー コンポーネントを使用する を参照してください。

Power Apps でのアプリケーションの作成

Power Apps でアプリケーションを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Power Apps の左側メニューで 作成 を選択し、空白の状態からキャンバス アプリを作成 を選択します。
  2. キャンバス アプリを Contoso 名刺リーダー と命名します。
  3. 電話 を選択します。
  4. 作成 を選択します。

名刺から連絡先情報を自動的に取得できるようにする

ユーザーが名刺から連絡先情報を自動的に取得するには、次の手順を実行します。

  1. 挿入 メニューで AI Builder名刺リーダー の順に選択します。 このコントロールは名刺から画像を処理したり、連絡先情報を自動的に認識したりすることができます。

  2. 画面に合わせてコントロールのサイズを変更します。

    [A I Builder] メニューが展開され、名刺リーダー、フォーム プロセッサ、物体検出、およびテキスト認識機能のオプションが表示されます。

連絡先情報を Microsoft Dataverse から既存のエンティティにバインドする

連絡先情報を Dataverse から既存のエンティティにバインドするには、次のステップを実行します。

  1. 新しいフォームを編集モードで挿入 を選択します。
  2. Default mode プロパティを New に、Data source プロパティを Contacts エンティティに変更します。
  3. Data Source プロパティの設定後、フォームに 3 つのフィールドが自動的に追加されます。 Fields プロパティを選択し、フォームに他の連絡先フィールドを追加します。 名刺リーダーは、名刺から 18 種類のフィールドを抽出できます。 この例では、Website フィールドを追加します。

抽出された連絡先情報をフォームにバインドする

抽出された連絡先情報をフォームにバインドするには、次の手順を実行します。

  1. フォームの各データ カードに移動し、詳細 タブの ロックを解除してプロパティを変更する を選択します。

    円で囲んだ「ロックを解除してプロパティを変更する」を含む [詳細] タブのスクリーンショット。

  2. これで、各データ カードの既定値を変更して、名刺リーダーの抽出されたプロパティをマップすることができます。 次の既定値を設定します。

    • Full Name_DataCard1 - BusinessCardReader1.FullName

    • Email_DataCard1 - BusinessCardReader1.Email

    • Business Phone_ DataCard1 - BusinessCardReader1.BusinessPhone

    • Website_ DataCard1 - BusinessCardReader1.Website

マップするフィールドを追加することもできます。 この例では、次のフィールド リストを名刺から抽出することができます。

プロパティ 定義
AddressCity 住所の市区町村
AddressCountry 住所の国
AddressPostalCode 住所の郵便番号
AddressStreet 番地
BusinessPhone 第一電話番号またはFAX番号
CleanedImage 元の画像から、名刺がトリミングまたは拡張された処理後の画像
CompanyName 会社名
部門 組織部門が見つかりました。
メール 連絡先のメールアドレスが名刺に含まれています (存在する場合)。
FAX 第三電話番号またはFAX番号
FirstName 連絡先の名
FullAddress 連絡先の完全な住所
Fullname 連絡先の氏名
JobTitle 連絡先の役職
LastName 連絡先の姓
MobilePhone 第二電話番号またはFAX番号
OriginalImage 処理前の元の画像
Website Web サイト

新しい連絡先の作成を開始するボタンの追加

新しい連絡先の作成を開始するボタンを追加するには、次の手順を実行します。

  1. 新しいボタンを挿入する を選択し、フォームの下にボタンを配置します。

  2. OnSelect プロパティを SubmitForm (フォーム 1) に、Text プロパティを Create contact に変更します。

    次の図では、表示される画面の例を示します。

    [氏名] フィールド、[メール] フィールド、[勤務先電話番号] フィールド、[Web サイト] フィールドと [連絡先の作成] ボタンを含む、名刺のスキャン フォームのスクリーンショット。

    アプリケーションが正常に機能していることをテストしてから、次のステップに進みます。

  3. 画面の右側の 実行 ボタンを選択します。

    円で囲まれた [実行] ボタンを含むツールバーのスクリーンショット。

  4. 名刺を分析するには、名刺のスキャン を選択し、保存した画像を選択します。 モバイル デバイスを使用して直接画像を撮影することもできます。

AI Builder 名刺リーダーは、名刺を処理し、抽出した連絡先情報を表示します。

これで、抽出した連絡先情報がフォームのデータ カードに表示されます。 連絡先の作成 を選択して、新しい連絡先を確認および作成することができます。

フィールドに入力された情報を含む、スキャンされた名刺のスクリーンショット。

このフォームには自由に新しいフィールドを追加できますが、AI Builder 名刺リーダーは、名刺の連絡先情報をさまざまな方法で見分けることができます。 また、抽出された情報を使用して、Dataverse から他のエンティティにレコードを作成し、外部データ ソースで使用できます。

このレッスンでは、AI Builder 名刺リーダー コンポーネントを備えた Power Apps キャンバス アプリを作成する方法、および抽出された連絡先情報を使用して Dataverse から 連絡先 エンティティに新しいレコードを作成する方法について学習しました。