Windows Subsystem for Linux の使用を開始する

初級
開発者
Windows
Visual Studio Code

Windows Subsystem for Linux (WSL) の有効化、お気に入りの Linux ディストリビューションのインストール、Visual Studio Code を使った統合開発環境の設定などを行う方法を学習します。

"このコースでは複数のツールをインストールする必要があるため、コース修了に要する時間は変動する可能性があります。"

このモジュールでは、次のことを行います。

  • Windows デバイス上で Windows Subsystem for Linux を有効にします。
  • Linux ディストリビューションをインストールします。
  • Linux コマンドを使い、Windows と Linux のファイル システム間をまたいで作業します。
  • WSL 上で稼働する Node.js を使って Web サイトを作成します。
  • Visual Studio Code を使って開発環境を設定します。
  • Node.js Express アプリをデバッグします。
  • 複数の Linux ディストリビューションを管理します。

前提条件

  • 現在のリリースの Windows 10 を稼働しているコンピューター。 最新バージョンを稼働していることを確認するには、[設定] > [Windows Update] の順に移動します。