Go でメソッドとインターフェイスを使用する

初級
開発者
学生
Azure
Visual Studio Code

Go でメソッドとインターフェイスを記述するためのベスト プラクティスについて説明します。

学習の目的

このモジュールでは、次のことについて学習します。

  • Go における、カプセル化や合成といった OOP の原則の実装のしくみ。
  • メソッドを記述する方法とそれらを使用する理由。
  • メソッドの埋め込みとオーバーロードを記述する方法。
  • インターフェイスを記述および使用する方法、それらが他のプログラミング言語のインターフェイスと異なる理由。

前提条件

  • アプリケーションの作成に対応している Go 環境。 Go と Go 拡張機能を含む Visual Studio Code がインストールおよび構成されているのが理想的です。
  • .go ファイルを作成および変更できること。
  • ターミナル プロンプトを使用して Go アプリケーションを実行できること。
  • stringintboolean などの基本データ型の知識。
  • iffor ステートメントなどの基本的なデータ制御フローの記述に関する知識。
  • 関数の記述に関する知識。
  • 構造体の作成に関する知識。