Azure App Service にコードをデプロイする

完了

ここで、App Service にアプリケーションをデプロイする方法を見てみましょう。

自動化されたデプロイ

自動デプロイ、または継続的インテグレーションは、エンド ユーザーへの影響を最小限に抑えて、新機能とバグ修正を高速かつ反復的なパターンでプッシュ アウトするために使用されるプロセスです。

Azure では、複数のソースから直接、自動デプロイをサポートします。 次のオプションを使用できます。

  • Azure DevOps: Azure DevOps (以前の Visual Studio Team Services) にコードをプッシュし、クラウドでコードをビルドし、テストを実行し、コードからリリースを生成し、最後にコードを Azure Web アプリにプッシュできます。
  • GitHub: Azure では、GitHub から直接、自動デプロイをサポートします。 自動デプロイのために GitHub リポジトリを Azure に接続すると、GitHub 上の運用ブランチにプッシュするすべての変更が自動的にデプロイされるようになります。
  • Bitbucket: GitHub との類似性により、Bitbucket を使用して自動デプロイを構成できます。
  • OneDrive: Microsoft のクラウドベースのストレージです。 Azure にデプロイするには、OneDrive アカウントにリンクされている Microsoft アカウントが必要です。
  • Dropbox: Azure では、Dropbox からのデプロイがサポートされています。これは、OneDrive に似た、広く使われているクラウドベースのストレージ システムです。

手動デプロイ

手動でコードを Azure にプッシュするために使用できるいくつかのオプションがあります。

  • Git:App Service Web アプリには、リモート リポジトリとして追加できる Git URL があります。 リモート リポジトリにプッシュすると、アプリがデプロイされます。
  • az webapp up: webapp up は、アプリをパッケージ化してデプロイする az コマンドライン インターフェイスの機能です。 他のデプロイ方法とは異なり、az webapp up では、まだ作成していない場合、新しい App Service Web アプリが自動的に作成されます。
  • ZIP デプロイ:az webapp deployment source config-zip を使用して、アプリケーション ファイルの ZIP を App Service に送信します。 ZIP デプロイには、curl などの基本的な HTTP ユーティリティを使用してアクセスすることもできます。
  • WAR デプロイ: WAR デプロイは、WAR パッケージを使用して Java Web アプリケーションをデプロイするために設計された App Service デプロイ メカニズムです。 WAR デプロイには、http://<your-app-name>.scm.azurewebsites.net/api/wardeploy にある Kudu HTTP API を使ってアクセスできます。 これで失敗した場合は、https://<your-app-name>.scm.azurewebsites.net/api/wardeploy をお試しください。
  • Visual Studio: Visual Studio には、デプロイ プロセスを段階的に実行できる App Service デプロイ ウィザードがあります。
  • FTP/S:FTP または FTPS は、App Service を含む、さまざまなホスティング環境にコードをプッシュする従来の方法です。