Azure API Management でキャッシュ ポリシーを追加することで API のパフォーマンスを向上させる

初級
開発者
Azure
API Management

API Management ポリシーは、API の動作を変更するためにその API に追加できる構成可能なモジュールです。 ポリシーでは、応答のキャッシュ、ドキュメントと値の変換、通知または監査目的での Webhook の呼び出し、一時的な障害後の要求の再試行などの操作を行うことができます。 このモジュールではポリシーを使用して、負荷がかかった状態の API のパフォーマンスを向上させるためにキャッシュを有効にします。

このモジュールでは、次のことを行います。

  • 目的の動作に対するポリシーが存在するかどうかを識別する
  • ポリシー スコープを選択する
  • Azure portal でキャッシュ ポリシーを構成して適用する

前提条件

  • Azure API Management で API を発行してみる
  • XML 構文を使用してみる