Power Automate を SharePoint HTTP アクションと統合する

中級
ビジネス ユーザー
アプリ作成者
Microsoft Power Platform
Power Automate

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

SharePoint には、Web 要求を使用してユーザーが SharePoint データと直接対話できる REST サービスが含まれています。 この機能により、フロー作成者は Microsoft Power Automate フローを使用しながら SharePoint サービスにアクセスできます。 このモジュールでは、HTTP コネクタ アクションがどのようにして SharePoint REST サービスを使用して API 呼び出しを実行し、利用できないフロー アクションに対するタスクを実行するかについて説明します。

学習の目的

このモジュールの内容は次のとおりです。

  • HTTP 接続について学習する。
  • SharePoint REST サービスを確認する。
  • Power Automate フローを使用して SharePoint リスト項目を追加、編集、削除する方法を確認する。
  • Power Automate フローを使用してメールを SharePoint から直接送信する方法を確認する。

前提条件

SharePoint をトリガーとして使用してフローを作成する方法についての基本的な理解