Power Apps ポータルの概要

中級
機能コンサルタント
アプリ作成者
Dynamics 365
Power Platform
Power Apps

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Dataverse の対話を、顧客、パートナー、従業員などの社内および社外の対象者へと拡張します。 ポータルを利用して、対話型かつ Web ベースの販売、サービス、サポート、およびソーシャル エンゲージメント アプリケーション プラットフォームを設定し、顧客とのつながりの確保、コミュニティへの関与、サイト コンテンツの管理、およびチャネル パートナーの支援を行います。 ポータルを使用すると、組織内外の誰もが Dataverse データを操作できるようになります。

学習の目的

このモジュールの内容は次のとおりです。

  • ポータル ソリューションの機能を特定する。
  • ポータルのプロビジョニング プロセスについて確認する。
  • Power Apps ポータルのコア コンポーネントおよびツールについて学習する。
  • ポータル コンテンツと Dataverse データへのユーザー アクセスを制御する方法について確認する。

前提条件

モデル駆動型アプリのナビゲーション方法とカスタマイズ方法についての基本的な理解。