Azure Cache for Redis がどのように機能するか

完了

ここで、Azure Cache for Redis の機能と、それらが連携してアプリの機能を向上させるしくみについて確認しましょう。 この情報は、組織で使用できるかどうかを判断するのに役立ちます。

Azure Cache for Redis は、バックエンドのデータストアに大きく依存するアプリのパフォーマンスとスケーラビリティを向上させるために役立つさまざまなユースケースを提供します。 次の Azure Cache for Redis ユースケースの提供内容について説明します。

  • 分散キャッシュ
  • セッション ストア
  • メッセージ ブローカー
  • クラウド移行

分散キャッシュ

Azure Cache for Redis での分散キャッシュのユースケースは、頻繁にアクセスされるデータをキャッシュにコピーすることで、アプリの応答時間を向上させるのに役立ちます。 このキャッシュは待機時間が短く、主要なデータストアよりも高いスループットを実現します。 分散キャッシュ機能は次のとおりです。

  • アプリケーションの応答性を加速します。
  • 主要なデータストアと計算リソースの負荷を軽減するのに役立ちます。
  • Azure SQL や Azure Cosmos DB を含む多数の Azure データベースと統合されています。

分散キャッシュを使用すると、次のことができます。

  • トラフィックの急増を管理。
  • 一般的にアクセスされるデータをキャッシュし、ユーザーに提供。
  • データベースの計算負荷を削減するのに役立つ。
  • ユーザーに地理的に近い場所にコンテンツを配置。
  • 出力キャッシュ用に提供。

次の図に示すように、Azure Cache for Redis を使用すると、Azure SQL Database、Azure Cosmos DB、Azure Database for MySQL などの多くのデータベース ソリューションと連携するアプリのパフォーマンスを向上させることができます。

データベースでホストされているアプリに接続するクライアント アプリを示す図。 Azure Cache for Redisは、アプリ インターフェイスとバックエンド データベースおよびストレージ システムの間に存在します。

セッション ストア

セッション指向アプリでは、ユーザーがサインインしてアプリでアクティブな状態を維持するときに、一時的なセッション データを格納してアクセスする機能が必要です。 Azure Cache for Redis のセッション ストアのユースケース:

  • 最大数十万の同時ユーザーを管理します。
  • データレプリケーション オプションを使用して、信頼性を最大限に高めることができます。
  • コストを削減するのに役立ちます。これは、別のデータベースまたはストレージ オプションよりもコスト効率が高く、拡張性が高いためです。

セッション ストアを使用すると、次のことができます。

  • E コマースショッピング カートを促進しやすくなります。
  • ユーザーの Cookie を格納します。
  • ユーザー ログインとセッション状態データを維持します。
  • IoT テレメトリを有効にします。

メッセージ ブローカー

マイクロサービス上に構築されたアプリは、多くの場合、非同期に通信する必要があります。 Azure Cache for Redis は、これらのマイクロサービス間の高速で信頼性の高い通信を可能にする、発行/サブスクライブまたはキュー アーキテクチャを実装できます。 Azure Cache for Redis のメッセージ ブローカー:

  • 最小限のオーバーヘッドとコストで一時データ ストアを提供します。
  • 転送中のデータの TLS 暗号化をサポートします。
  • サービス間のセキュリティで保護された通信のためのネットワーク分離を提供します。

メッセージ ブローカーのユースケースを使用して、次のことを行うことができます。

  • ニュース、財務データ、またはアプリケーションの更新プログラムをユーザーに公開します。
  • チャット メッセージを管理します。
  • マイクロサービス間の通信を有効にします。

次の図では、多数のグループ チャット、通知、および株価の引用が発生しています。 これらは、Azure Cache for Redis のメッセージブローカー機能に接続されています。 さらに、この機能は、Azure API アプリのインスタンスと Azure web アプリに接続します。 これらの要素は、接続されているクライアント デバイスのグループ チャット、通知、および株価情報へのアクセスを提供します。

上記のテキストに記載されているように、Azure Cache for Redis のメッセージ ブローカー アーキテクチャ。

クラウド移行

オンプレミスのキャッシュから管理サービスに移行する場合は、コンテンツを管理サービスに移動する方法が重要な要素です。 Azure Cache for Redis は、クラウドへのデータの移行および次にも役立ちます。

  • RDB ファイルのインポートとエクスポートの両方を有効にします。

  • 移行を簡略化しやすくするオープンソースの Redis との互換性を提供します。

  • 次を管理する完全な管理サービスを提供します。

    • Patching
    • 更新プログラム
    • プロビジョニング
    • Scaling
    • セットアップ

Azure Cache for Redis でクラウド移行を使用するには、次の作業を行います。

  • オンプレミス環境からクラウドにアプリを移行します。
  • サービスとしてのプラットフォーム (PaaS) サービスの利点により、現在のサービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) アプリを最新化することができます。

一般的なプロセスは、次のように進行します。

  1. 既存のオンプレミス Redis キャッシュから RDB ファイルにキャッシュをエクスポートします。
  2. Azure Cache for Redis インスタンスを作成します。
  3. 次に、RDB をこのインスタンスにインポートします。
  4. 最後に、Azure Cache for Redis インスタンスをポイントするように新しいアプリケーションを構成します。

クラウド移行アーキテクチャが表示されます。これは、オンプレミスの Redis キャッシュと エクスポート RDB ファイル、および RDB ファイルをインポートする 2 つのプロセスで構成されています。