クラウド コンピューティングとは

完了

クラウド コンピューティングとは何なのかを考えたことはありますか。 それは、インターネット経由でコンピューティング サービスを提供することであり、クラウドとも呼ばれます。 このようなサービスには、サーバー、ストレージ、データベース、ネットワーク、ソフトウェア、分析、インテリジェンスが含まれます。 クラウド コンピューティングにより、迅速なイノベーション、柔軟なリソース、スケール メリットが実現されます。

クラウド コンピューティングを使用すると概してコストが抑えられる理由

クラウド コンピューティングとは、従量課金制の価格モデルを使用して、コンピューティング サービスをインターネット経由で提供することです。 通常は、使用したクラウド サービスに対してのみ課金され、次のような効果があります。

  • 運用コストが削減されます。
  • インフラストラクチャがより効率的に実行されます。
  • ビジネス ニーズの変化に合わせてスケーリングできます。

言い換えると、クラウド コンピューティングとは、他のだれかのデータ センターからコンピューティング能力とストレージをレンタルする方法です。 自社のデータセンター内のリソースと同じように、クラウド リソースを扱うことができます。 それらを使い終わったら、返却します。 使用した分だけ課金されます。

自社のデータセンターで CPU とストレージを維持する代わりに、それらが必要な期間だけレンタルします。 クラウド プロバイダーは、お客様のために基盤のインフラストラクチャを維持します。 クラウドを使用すると、ビジネスに関する最も困難な課題を速やかに解決し、最先端のソリューションをユーザーに提供することができます。

クラウドに移行する必要がある理由

クラウドを利用すると、これまではほとんど不可能であった方法で、すばやい移行と革新を実現できます。

絶えず変化するデジタル世界では、2 つのトレンドが出現しています。

  • チームは、記録的な速さでユーザーに新しい機能を提供します。
  • ユーザーは、デバイスやソフトウェアを通じた、ますますリッチでイマーシブなエクスペリエンスを望んでいます。

かつて、ソフトウェアのリリースは月単位、場合によっては年単位でスケジュールされていました。 今日、チームは、多くの場合、数日または数週間の単位でスケジュールされる小さなバッチで機能をリリースします。 チームによってはソフトウェア更新プログラムを継続的に提供しており、同じ日に複数回リリースすることさえあります。

数年前にはできなかった方法でデバイスとやりとりしていることを考えてみてください。 多くのデバイスはユーザーの顔を認識し、音声コマンドに応答できます。 拡張現実により、私たちが物理的な世界と対話する方法は変化しています。 家電製品でさえインテリジェントな機能を備え始めています。 このような技術はほんの一例ですが、その多くではクラウドが利用されています。

サービスの機能を高め、革新的で新しいユーザー エクスペリエンスをよりすばやく提供するため、クラウドでは次のものへのオンデマンド アクセスが提供されています。

  • 生のコンピューティング、ストレージ、ネットワーク コンポーネントのほぼ無制限のプール。
  • アプリケーションを他より優れたものにする音声認識や他のコグニティブ サービス。
  • ソフトウェアやデバイスからテレメトリ データを配信する分析サービス。