はじめに

完了

複数の会社を対象にソリューションを実装することは、パートナーのデータを信頼する必要があるため、困難な場合があります。 ほとんどの場合は中央データベースを使用します。 データは、信頼できる情報源である 1 つの場所に格納されます。 データベースを保守する会社は、データの中央機関として信頼されていなければなりません。

中央データベースを使用せずにデータと参加者を信頼する必要がある場合、ブロックチェーンを使用してビジネス プロセスを実装できます。

たとえば、あなたがアイスクリームを製造する乳製品加工会社のソリューション設計者であるとします。 あなたはサプライ チェーンを使用して、複数の酪農業者から未加工の酪農品を受け取ります。 あなたの会社は、さまざまな小売業者にパッケージしたアイスクリームを出荷しています。 あるとき、出荷中の不適切な温度での保管が原因で食の品質や安全性の問題が発生しました。 製品の出荷と保管は複数の会社が担当しているため、問題を起こしたサプライ チェーンの当事者を特定することは困難でした。 あなたは、サプライ チェーンの問題を迅速に特定するシステムを作成したいと考えています。 サプライ チェーン内の各社は、自社の既存のシステムをそのソリューションと統合し、食の安全性のためのリコールが発生した場合は出荷製品を独立して監査することを望んでいます。

Supply chain scenario of dairy farmer, ice cream manufacturer, shipper, and retailer.

このモジュールでは、ブロックチェーンを利用して、中央機関なしに、ビジネス パートナーが互いのデータを信頼できるようにする方法を確認します。 また、ブロックチェーンのしくみについても少し触れます。 目標は、ブロックチェーンがご自身のシナリオに適しているかどうかを判断できるようにすることです。

学習の目的

このモジュールでは、次のことを学習します。

  • ブロックチェーンは、どのようにして参加者間の信頼を確立し、ビジネス プロセスを実現するかについて説明する
  • ソリューションにブロックチェーンを使用するのはどのような場合かを判断する
  • ソリューションに利用できる Azure ブロックチェーンのオプションを分類する

前提条件

  • 変数や条件付きロジックなどのプログラミング概念の基本的な知識