演習 - Power Apps の環境を理解する

完了

環境とは、データ接続や Power Automate からのフローなど、アプリとその他のリソース用のコンテナーを指します。 これは、ビジネス要件に基づいて項目をグループ化する方法です。

Microsoft Power Platform の環境のスクリーンショット。

このモジュールに沿って作業している場合、すでに make.powerapps.com で作業をしています。 そのため、特定の環境でずっと作業をしていることになります。 現在の環境は、ホーム ページの右上隅で確認できます。

環境のツールバーのスクリーンショット。

Microsoft Power Apps を初めてご利用の場合は、この時点では既定の環境しかない可能性があります。 環境名の横にドロップダウン メニューが表示されている場合は、他の環境を利用できることを示します。

注意

Power Apps 環境で作業する必要がある場合は、Power Apps アプリ単位のプラン、または Power Apps ユーザー単位のプランが必要です。 また、Dynamics 365 の制限付きテーブルを使用する必要がある場合は、Power Apps for Dynamics 365 ライセンスも必要です。 Dynamics 365 のライセンス で詳細情報をご覧ください。

環境を使用する理由

既定のものに加えて環境を作成することには、次のような理由があります。

  • 部署ごとに独立してアプリを開発 - 大規模な組織では、各部署が別々の環境で作業できます。 これにより、部門の従業員は、自身のニーズに適したアプリと会社のデータのみを表示できます。
  • アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) のサポート - 個別の環境により、開発段階のアプリを、既に共有されているものから分離することができます。 または、完成版のアプリを公開する前に、従業員からフィードバックを受け取るために試用版環境を使用することが必要な場合があります。 一部の組織では、開発を終えて公開する前にアプリを公開することで、セキュリティ上の問題を見つけることができます。
  • データ アクセスの管理 - 各環境では、Microsoft Dataverse 用のデータベースと呼ばれる、ビジネス データ独自のソースを持つことができます。 その他のデータ接続は環境に固有であるため、環境間で共有することはできません。

注意

環境が関係するのは、アプリ作成者と Power Apps 管理者だけであることに注意してください。 アプリをユーザーと共有している場合、ユーザーはアプリを実行するだけです (適切なアクセス許可がある場合)。 言い換えると、ユーザーは、アプリがどの環境で作成されたかについて心配する必要はありません。

環境の作成

環境を作成できるのは、管理者だけです。 管理者ではない場合でも、環境の設定について管理者と話すときに、この情報が役に立ちます。

  1. make.powerapps.com のホーム ページで、右上隅近くにある歯車アイコンを選択し、管理センター を選択します。

    また、https://admin.powerplatform.microsoft.com に直接移動することもできます。

  2. Microsoft Power Platform 管理センターで、+ 新規 を選択します。

  3. 新しい環境 ダイアログ ボックスで環境の名前を入力し、リージョンと環境のタイプを選択します。

  4. この環境のデータベースを作成する の左にある [はい] に切り替えます。

  5. 次へ を選択します。

  6. データベースに格納されるデータの通貨と言語を選択します。 データベースが作成された後で、通貨または言語を変更することはできません。

  7. 保存 を選択します。

    Dataverse 上にデータベースが作成されるまで数分間かかることがあります。 データベースが作成されると、新しい環境が、環境 ページの環境の一覧に表示されます。

これで、新しい環境で作業ができるようになりました。 make.powerapps.com に戻ると、それが環境の一覧に表示されます。

環境へのアクセスを管理する

既定では、2 つの方法のいずれかで環境にアクセスできます。

  • システム管理者 - システム管理者は、環境を作成および管理するための完全なアクセス許可を持ちます。
  • 環境作成者 - 環境作成者は、その環境にあるすべてのアプリを参照し、アプリを作成して、Dataverse を使用 (他のアクセス許可が適用されます) できます。

環境管理者は、必要に応じて他のセキュリティ ロールを作成できます。 また、これらのロールにユーザーを追加したり、割り当てたりすることもできます。

  1. まず、https://admin.powerplatform.microsoft.com にアクセスします。
  2. 左ウィンドウでは、既定により 環境 が選択されています。選択されていない場合は、環境 を選択します。
  3. 作成したテスト環境を選択し、上部の 設定 タブを選択します。
  4. ユーザー + アクセス権 ドロップダウンを選択してから、ユーザー を選択します。
  5. 上部の ユーザーを追加 を選択し、ユーザーのメール アドレスを組織に入力してユーザーを追加してから、 追加 を選択します。 ユーザーが追加されるまで、数分間待ちます。
  6. ユーザーのロールと情報を管理するには、ユーザーの 名前 を選択します。 これにより、そのユーザーの Dynamics 365 ビューを含む新しいタブが開きます。
  7. 上部のバーで、ロールの管理 を選択します。
  8. ユーザー ロールの管理 ボックスで、ユーザーのロールを選択します。 この例では、ユーザーを環境作成者ロールに割り当てます。
  9. OK を選択します。
  10. 変更は保存され、完了したら、ブラウザーの [Dynamics 365] タブを閉じることができます。