責任ある AI を実現するための Microsoft のプラクティスの紹介

中級
機能コンサルタント
ビジネス ユーザー
Azure
Dynamics 365
Microsoft 365

AI を社内で開発、実装、または管理している場合、組織の倫理上の原則をエンジニアリング チーム向けの実用的なガイダンスやツールという形に変えてまとめると役立ちます。 また、組織が AI をどのように利用すれば世界中の人たちの生活を改善できるかについて検討することも重要です。

このモジュールでは、次のことを行います。

  • 自社の AI エンジニアリング チーム内で責任ある設計原則を確立します。
  • 価値のあるツールを利用してチームが責任を持って AI を使用できるようにします。
  • 外部の関係者にアプローチして、AI を社会貢献に利用します。

前提条件

なし