まとめ

完了

自転車小売会社には、アップグレードする必要があるいくつかのレガシ データベース サーバーがありました。 プロジェクト マネージャーは、これを機にデータベース サーバーをアップグレードするだけでなく、Azure Virtual Machines にも移行したいと考えていました。 計画はコストを削減し、できればパフォーマンスが向上させることでした。

使用可能なさまざまなオプションを検討し、各アプリケーションで許容されるダウンタイムのレベルに同意して、サーバーを Azure VM に移行するための計画を作成しました。 次に、新しい接続文字列を使用するようにアプリケーションを更新し、パフォーマンスへの影響を解決しました。

データベース ワークロードをクラウドに移行する場合、さまざまなオプションがあります。 Azure VM で SQL Server を実行することを選択することにより、組織内のすべてのアプリケーションへの影響を最小限に抑えることができました。 コードの変更は最小化され、接続文字列の更新だけです。 また、すべてのオンプレミスの SQL Server と機能パリティがあり、組織が使用してきた機能を引き続き使用できることもわかっています。

詳細情報