Power BI でレポートを共有および使用する

完了

Microsoft Power BI を使用すると、組織全体でデータを共有する際にセキュリティの柔軟性を高めることができます。 特定の個人またはグループのロールを設定して、データ モデル内のレポートまたは特定のデータへのアクセスを制限できます。 ワークスペースでは、データセットが更新されたときにユーザーに通知するアラートと共に増分更新スケジュールを設定できます。 さらに、ユーザーは、ブックマークを使用してレポートの特定のビューを保存できるため、レポートに再度アクセスするときにすべてのフィルターを再構成する必要がありません。

Power BI サービスでは、レポートはワークスペース内にあります。 最初にワークスペースを作成するときにアクセスできるのは、自分のみです。 各ワークスペースにはアクセス制限があります。これは、ワークスペース ビュー内の [アクセス] ボタンを使用して管理することができます。 ワークスペースには、次の 4 つのロールがあります。

  • 閲覧者 - レポートの表示と読み取りのみを実行できます。

  • 共同作成者 - ワークスペースへのレポートの発行、およびワークスペース内でのダッシュボードのコピー、編集、削除、更新を行うことができます。

  • メンバー - ワークスペースへの新しい共同作成者と閲覧者の追加、およびデータセットのアクセス許可の管理を行うことができます。

  • 管理者 - ユーザーの追加または削除、およびワークスペースの変更または削除を行うことができます。

詳細については、このモジュールの「まとめ」ユニットで提供されるワークスペース ロールのドキュメントへのリンクを参照してください。

Power BI のゴールの概要

Power BI サービス独自の機能として、ユーザーはワークスペース内でスコアカードを作成および共有して、ゴールをホストすることができます。 ゴールは、レポート内の特定のデータポイントに接続され、更新されるたびに、そのデータポイントの値を追跡します。 ユーザーは比較のターゲット値を指定します。スコアカードを使用すると、一度に数多くのゴールを表示して、現在の位置と進捗状況を確認できます。

Power BI サービスのスコアカードに表示されたゴールの一覧。