行レベルのセキュリティ

完了

データ モデル管理者は、個人またはグループのロールを設定して、レポートで提供されるデータを制御できます。 行レベル セキュリティ (RLS) により、ユーザーは特定の領域に集中できます。また、柔軟なレポート設計が可能になるため、不適切なデータ共有を行うことなく、1 つのレポートで数多くのユーザーにサービスを提供することができます。 次の例は、発行された Power BI レポートに組み込むことができる内容を示しています。

行レベル セキュリティの例を示す図。

Power BI Desktop で RLS を設定するには、[モデリング] タブの [ロールの管理] 機能を使用します。通常、ロール フィルターは、リレーションシップの利点を使用してルックアップ テーブルに適用されます。 ロールは、どのデータをどのユーザーに表示するかを決定し、グループに属するユーザーのデータをフィルター処理するためのビジネス ロジックを提供します。

RLS の [ロールの管理] ウィンドウ。

この例では、西海岸地域マネージャーは、南西地域と北西地域のオフィスを表示できます。

この機能を使用すると、1 つのデータ モデルと 1 つのロール セットのみを保持するだけで済みます。 次の例は、同じ横棒グラフが、RLS ロールに基づいてユーザーごとにどのように異なって表示されるかを示しています。

レポートの潜在的な対象ユーザーと RLS の必要性の例。

RLS をテストするには、レポートの [表示方法] ボタンを選択し、テストするロールを選択します。 この機能により、そのロールの観点からレポートが開かれ、行レベル セキュリティが適用された状態でレポートがどのように表示されるかをプレビューできます。