Power BI でデータを保護する

完了

Power BI を使用すると、他のユーザーと共有できるデータセット、レポート、スコアカード、ダッシュボードを作成して、数多くのさまざまなデータ ソースに接続できます。 重要なビジネス データを保護し、セキュリティで保護することが重要です。 Power BI は、Microsoft Azure 上に構築された基盤と、Power BI サービスに適用される承認や Microsoft Information Protection 設定などの機能を通じて、業界で利用できる最高のセキュリティ分類を獲得しています。

承認 - 認定および昇格されたデータセット

ユーザーは、データセットを昇格するか、Power BI 管理者による認定を要求することができます。誰でもデータセットを昇格できますが、データセットを認定済みとして設定できるのは管理者グループのみです。 昇格および認定されたデータセットを使用すると、ユーザーは単一のソースからデータを取得することができ、優れたデータ プラクティスが促進され、昇格または認定されたデータセットの検出が容易になります。

Power BI サービスで承認を適用するには、データセットを選択し、[その他] メニュー (縦の省略記号)、[設定] オプションの順に選択します。

[設定] オプションを特定する [データセット]、[その他] (または省略記号) メニュー オプション。

[承認と検出] オプションには、[昇格済み] および [認定済み] オプション ボタンがあります。これらは、他のユーザーが昇格または認定されたデータセットを検出するのに役立ちます。

[昇格済み] または [認定済み] ラジオ ボタンを表示している [承認と検出] オプション。

次のスクリーンショットは、Power BI でユーザーに承認が表示されることを示しています。

レポート ウィンドウを作成するデータセットの選択。

Microsoft Information Protection を使用してデータを保護する

重要なビジネス データは、特に Power BI を他のアプリケーションで使用する場合、保護する必要があります。 Microsoft Information Protection (MIP) を使用すると、Excel、Power BI Embedded、Power BI Mobile の分析を使用してデータをエクスポートするときに警告とバナーが提供されます。

次のデモ (音声なし) は、データセットの 秘密度 ラベルが [極秘] に設定されていることを示しています。