まとめ

完了

コメントおよびブックマークを使用すると、レポートの利用者はセルフサービスのビジネス インテリジェンスやコラボレーションに関してより柔軟に対応できます。 行レベルセキュリティ (RLS) を使用すると、単一のレポートを複数の対象ユーザーと共有する柔軟性が向上します。 昇格および認定されたデータセットにより、対象ユーザーは信頼できる単一のソースを見つけて使用していることが保証されます。 承認により、Power BI からエクスポートされたデータは保護および保持されます。 更新を自動化することにより、データ モデル管理者の反復的なタスクが排除されます。 これらの機能により、ガバナンス構造を迅速に設定でき、追加のビジネス分析情報につながるデータ モデルの開発に要する時間を節約できます。

行レベルのセキュリティ (RLS)

Excel ブックを Power BI に発行する

Excel で分析

データ更新

ワークスペースのロール

ライセンスの詳細

保証

秘密度ラベル