Power Automate Desktop での Excel オートメーション

初級
中級
アプリ作成者
開発者
機能コンサルタント
Microsoft Power Platform
Power Automate

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Power Automate Desktop では、Excel ファイルの読み取りと操作に役立つさまざまな Microsoft Excel アクションが提供されます。

学習の目的

このモジュールの内容は次のとおりです。

  • Excel ファイルを開き、既に開いているファイルにプロセスをアタッチします。
  • Excel のアクションのグループを使用して、Excel ファイルからのデータの読み取りとExcel ファイルへのデータの書き込みを行います。
  • ワークシートを作成および編集します。
  • Excel ファイルを保存して閉じます。

前提条件

Power Automate Desktop コンソールとフロー デザイナーについての基本的な理解と、Microsoft Excel に関する知識。