Excel ファイルを開く、保存する、閉じる

完了

Excel ファイルを開いてインスタンスを作成する

Excel 関連のタスクを自動化するには、まず Excel のインスタンスを作成する必要があります。

インスタンスによって、デスクトップ用 Power Automate が操作するアプリケーション セッションが決まります。 ローカルに格納されている Excel ファイル、または新しい Excel ファイルを開くか、既に開かれているファイルにフローをアタッチすることでインスタンスを作成します。 これらの操作は、Excel の起動 アクションまたは 実行中の Excel に添付 アクションで実行します。

新しい Excel ファイルを開くには、Excel の起動空のドキュメントを使用 を選択します。

Excel の起動アクションのプロパティ ダイアログのスクリーンショット。

または、Excel の起動 設定を 次のドキュメントを開く に変更して、既存のファイルを使用して Excel を起動します。 ドキュメント パス を入力するか、ファイルを参照して選択します。

フローのリアルタイムでの実行時に Excel のアクションを表示するには、インスタンスを表示する チェックボックスをオンにします。 フローを実行すると、Excel ウィンドウが開きます。 チェックボックスがオフの場合、Excel はバックグラウンドで実行されます。 詳細 セクションを展開すると、Excel ファイルを開いたときにアドインとマクロを読み込む アドインとマクロの読み込み オプションがあります。

既に開いている Excel ファイルを、実行中の Excel に添付 アクションによってインスタンスとして使用する。 このアクションでは、ドキュメント名 を指定します。

実行中の Excel に添付アクション プロパティ ダイアログのスクリーンショット。

Excel ファイルを保存して閉じる

Excel ファイルを保存して閉じることができるのは、インスタンスが決定済みの場合のみです。 Excel ファイルを保存するには Excel を保存 アクションを使用します。

ドキュメントを現在のパスに現在のファイル名で保存するには、保存モード オプションを ドキュメントを保存 に設定します。 ドキュメントを別のパスや別のファイル名で保存するには、名前を付けてドキュメントを保存 に設定します。

Excel を保存アクション プロパティ ダイアログのスクリーンショット。

ドキュメント形式 を変更して新たに ドキュメント パス を入力するための追加オプションを表示するには、名前を付けてドキュメントを保存 を選択します。

保存モードが「名前を付けてドキュメントを保存」に設定され、ドキュメント形式とドキュメント パスが強調表示された、Excel を保存アクション プロパティ ダイアログのスクリーンショット。

Excel を閉じる アクションで、指定した Excel インスタンスを閉じます。 必要に応じて、Excel を閉じる前に オプションからいずれかを選択してファイルを保存します。

いずれかのオプションを使用してドキュメントを保存すると、そのアクションはドキュメントを閉じるだけでなく、Excel を保存 アクションと同様に機能します。

Excel を閉じるアクション プロパティ ダイアログのスクリーンショット。