その他のアクションおよび機能

完了

特定の列の最初に使用可能なセルにデータを書き込むには、Excel ワークシートから列における最初の空の行を取得 アクションを使用します。

"Excel ワークシートから列における最初の空の行を取得" アクションのプロパティ ダイアログのスクリーンショット。

読み取りアクションと書き込みアクションでは、現在選択されているセルを参照場所として使用できます。 そのために 選択したセル範囲を Excel ワークシートから取得 アクションを使用するには、選択範囲の最初と最後の列と行のインデックスを指定します。

"選択したセル範囲を Excel ワークシートから取得" アクションのプロパティ ダイアログのスクリーンショット。

選択されているセルを変更するには、Excel ワークシート内のセルを選択 アクションを使用します。 選択 オプションを 絶対位置で指定したセル に設定して、左上と右下のセルを指定してセルを選択します。

Excel ワークシート内のセルを選択アクションのプロパティ ダイアログのスクリーンショット。

または、選択 オプションを セルの相対指定 に設定して、現在選択されているセルから複数のセルを選択します。

特定のセルを有効にするには、Excel ワークシートのセルの有効化 アクションを使用します。 アクティブ化 フィールドでは、セルを座標で指定するか (絶対位置で指定したセル)、現在アクティブなセルから相対指定するか (相対位置で指定したセル) を選択できます。

Excel ワークシートのセルのアクティブ化アクションのプロパティ ダイアログのスクリーンショット。

また、適切なアクションを使用して、列や行を挿入および削除することもできます。ただし、列や行のインデックスは指定する必要があります。 挿入の場合は、指定した行または列の前に追加されます。

Excel ワークシートに行を挿入アクションのプロパティ ダイアログのスクリーンショット。

Excel のマクロの実行 アクションは、ブックに保存されている指定したマクロを実行します。 マクロの名前と任意のパラメーターをセミコロン (;) で区切って指定します。

"Excel のマクロの実行" アクションのプロパティ ダイアログのスクリーンショット

たとえば、Contoso Inc. の営業部門で使用されているブックに OrderStatus というマクロが含まれているとします。 このマクロは、注文番号とユーザー名の 2 つの引数を必要とし、顧客の注文の状態を返します。 Rbotas というユーザー名の注文番号 778 を検索するには、このアクションのプロパティの マクロ フィールドに次のような形式で入力する必要があります。

OrderStatus;778;Rbotas

値を直接指定するのではなく変数を使用するには、次のような形式で入力します。

%MacroName%;%OrderNumber%;%UserName%