Power Automate デスクトップの例外とエラー処理の構成

中級
アプリ作成者
開発者
管理者
機能コンサルタント
Microsoft Power Platform
Power Automate

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

例外処理とは、フローの実行中に予期しない状況や問題が発生した場合に、Power Automate Desktop がそれを処理および回復できるようにするメカニズムです。

学習の目的

このモジュールの内容は次のとおりです。

  • 個々のアクションの例外処理のプロパティを構成する。