Power Automate Desktop でのテキスト操作

中級
アプリ作成者
開発者
機能コンサルタント
Microsoft Power Platform
Power Automate

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Power Automate Desktop には、テキストと datetime の値を操作するためのアクションが用意されています。 これらのテキストおよび datetime のアクションによって、プロセスで標準化されたデータ形式を採用することができます。

学習の目的

このモジュールの内容は次のとおりです。

  • "テキスト" アクション グループの使用方法を習得する。
  • テキストの処理と編集を支援するメソッドを作成します。
  • アクションおよびプロセスの入出力のテキスト タイプ変数を操作する。

前提条件

Power Automate Desktop コンソールとフロー デザイナーの使用方法についての基本的な理解と、テキストの操作に関する知識。