UI 要素

完了

UI 項目を操作するには、デスクトップ用 Power Automate で最初に項目を識別する必要があります。 画像認識または画面上の位置を再ソートせずにこの操作を行うには、デスクトップ用 Power Automate で UI 要素を使用してウィンドウとその内容を特定します。

コントロールの追加

フロー内で UI ウィンドウとその要素を操作するには、最初の手順として、フローにそれらを追加します。 次のスクリーンショットに示すように、UI 要素 タブにある UI 要素の追加 ボタンを選択します。

[UI 要素の追加] ボタンのスクリーンショット。

これを実行すると、UISpy が起動し、複数の UI 要素をキャプチャできるようになります。 Ctrl & 左クリック を押して、フローが操作するすべての要素を選択します。 終わったら、完了 を選択します。

複数の UI 要素の追加のスクリーンショット。

または、UI/Windows アクションを構成する場合は、ドロップダウンリストを選択し、UI 要素の追加 ボタンをクリックし ます。

UI アクションを介した UI 要素の追加のスクリーンショット。