Power Apps キャンバス アプリでカスタムの更新を実行する

中級
機能コンサルタント
アプリ作成者
Microsoft Power Platform
Power Apps

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

一部の Power Apps キャンバス アプリでは、フォームが解決策になりません。 このモジュールでは、データがフォーム内にない場合にカスタムの更新を実行する方法に焦点を当てます。

学習の目的

このモジュールの内容は次のとおりです。

  • Patch 関数を使用してデータを更新する
  • Patch によるレコードの新規作成に Defaults 関数を使用する方法を理解する
  • Remove 関数と RemoveIf 関数を利用してレコードを削除する
  • シナリオで Clear と Collect または ClearCollect のどちらを使用するかを判断する

前提条件

Power Apps のキャンバス アプリの作成方法に関する基本的な理解。