物理的なボタンの使用例の概要

完了

Power Automate フローの構築は、他のワークフローを構築する場合と同じです。 物理的なボタンを使用すると、ボタンを押すだけでフローが実行されるため、プロセスが簡単になります。 スマートフォンを取り出して、Power Automate ボタン フローを開き、ボタンを選択する必要がなくなります。 Power Automate と連携する Bluetooth ワイヤレス スマート ボタンを販売する 2社は、Flic と Bttn です。 物理的なボタンを使用できるシナリオがいくつかあります。

シナリオ 1 : 予定時間を記録する

フィールド エンジニアがある場所に到着する状況を考えてみましょう。 フィールド エンジニアは、物理的なボタンを 1 回押して開始時刻を記録し、2 回押して終了時刻を記録することができます。 この方法を使用して、エンジニアはタスクを完了するために要した合計時間を記録できます。

シナリオ 2 : 移動時間を記録する

コンサルタントがクライアントの場所に移動する状況を考えてみましょう。 コンサルタントは、ボタンを 1 回押して移動開始時刻を記録できます。 ボタンを押すことによって開始されるフローでは、出発した場所も記録されます。 目的地に到着し、コンサルタントがボタンを 2 回押すと、移動終了時刻と目的の場所が記録されます。 Power Automate では、時間と場所を使用して、移動の時間と距離の合計を記録できます。