自分が現場にいることを上司に知らせるための Power Automate ボタンを作成する

完了

自分が現場にいることを上司に知らせる、Flic ボタンによってトリガーされるフローを作成できます。

  1. Power Automate に移動してサインインします。

  2. 左側のナビゲーション ペインで、+ 作成 を選択します。

  3. ページの 空白から開始 領域で、自動クラウド フロー を選択します。

  4. フロー名 フィールドに、フロー名として 上司に知らせる と入力します。 フローのトリガーを選択してください で、Flic を検索します。 Flic が押されたとき を選択してから、作成 を選択します。

    上司に知らせるというフロー名のスクリーンショット。

  5. Flic ボタン トリガーで、ドロップダウン矢印を選択し、前に追加した Flic ボタンを選択します。 イベント では、ダブルクリック を選択します。

  6. + 新しいステップ を選択します。

  7. アクションを選択してください で、作成を検索し、作成 アクションを選択します。

  8. 入力 フィールドに、自分のメール アドレスを入力します。 右上にある省略記号 (...) ボタンを選択し、名前の変更 を選択して、アクションの名前を メール アドレス に変更します。

    [メール アドレス] と [名前の変更] が強調表示された、メール作成アクションのスクリーンショット。

  9. + 新しいステップ を選択します。

  10. アクションを選択してください フィールドで、上司の取得 (V2) を検索して選択します。 ユーザー (UPN) フィールドで、動的なコンテンツ から 出力 を選択します。

    [動的なコンテンツ] と [出力] が強調表示された、上司の取得アクションのスクリーンショット。

  11. + 新しいステップ を選択します。

  12. アクションを選択してください フィールドで、メールの送信 (V2) アクションを検索して選択します。

  13. 宛先 フィールドで詳細アイコンを選択し、動的なコンテンツ から メール を選択します。 メール を見つけるには、もっと見る を選択することが必要な場合があります。

    [もっと見る] が強調表示された、メールの送信アクションのスクリーンショット。

  14. 件名 フィールドに、現場にいます と入力します。

  15. 本文 フィールドに、お疲れ様です と入力します。 動的なコンテンツ で、表示名 を選択します。 次の行に、現場に到着しました と入力します。

    [表示名] が強調表示された、メールの送信アクションのスクリーンショット。

  16. 画面の右上にある フロー チェッカー アイコンを選択します。 エラーが発生しなかった場合は、保存 を選択します。

これで、物理的なボタンを使用したときにトリガーするフローが正常に作成されました。 この機能をテストするには、スマート フォンで Flic アプリを開いておき、Flic ボタンを 2 回選択する必要があります。 フローによって上司にメールが送信されます。