演習 - Flic ボタンを使用して Outlook カレンダーを 1 時間ブロックする

完了

ときには、予定していなかった会議に対応する必要があります。 このような状況では、自分の予定表が埋まっていることをすばやく表示できると便利です。 この演習では、[Flic] ボタンを使用して自分の Outlook カレンダーを 1 時間ブロックするステップについて説明します。

  1. Power Automate に移動してサインインします。

  2. 左側のナビゲーション ウィンドウから + 作成 を選択します。

  3. 一から開始 領域で、自動フロー を選択します。

  4. フロー名 フィールドに、フロー名として カレンダーをブロック と入力します。 フローのトリガーを選択してください で、Flic を検索します。 Flic が押されたとき を選択してから、作成 を選択します。

  5. Flic ボタン トリガーで、構成したボタンを選択します。 イベント には、ホールド を選択します。

  6. + 新しいステップ を選択します。

  7. アクションを選択してください フィールドで、イベントの作成 (V4) を検索して選択します。

  8. カレンダー id には、カレンダー を選択します。

  9. 件名 に、外出中 と入力します。

  10. 開始時刻 フィールドで、 を選択し、utc と入力します。 utcNow オプションを選択し、OK を選択します。

  11. 終了時刻 フィールドで、 を選択してから、数式 addHours(utcNow(),1) を入力します。 OK を選択します。

  12. 自分の タイム ゾーン を選択します。

  13. 画面の右上にある フロー チェッカー アイコンを選択します。 エラーが発生しなかった場合は、保存 を選択します。

  14. これで、物理的なボタンを使用したときにトリガーするフローが正常に作成されました。 ボタンを押したままにすると、Outlook カレンダーが 1 時間、自動的にブロックされます。