Power Apps ポータル機能に関する確認

中級
アプリ作成者
機能コンサルタント
Power Apps
Power Platform

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Power Apps ポータルは、強力なポータル アプリケーションを構築するための共通のコア機能セットをアプリ作成者に提供します。 多くの Power Apps 機能は、特定のビジネス要件や外部対象者に固有の Microsoft Dynamics 365 アプリに直接対応しています。 他の Dynamics 365 アプリケーション (Marketing や Supply Chain Management など) もポータルまたは代替技術のコンポーネントを使用します。

学習の目的

このモジュールの内容は次のとおりです。

  • Power Apps ポータル アプリのコア機能を特定する。
  • Microsoft Dynamics 365 アプリの特定のポータル機能について確認する。
  • Power Platform で使用できる代替ポータル技術について確認する。
  • さまざまなポータル テンプレートの特定の機能を別のポータル タイプや [空からポータル] 機能に組み込む方法について学習する。

前提条件

Microsoft Dynamics 365 アプリケーションの基本的な理解、使用、ナビゲーションおよび Power Apps のナビゲーション方法とカスタマイズ方法の基本的な理解。