Power Automate のアーキテクチャの説明

上級
ソリューション アーキテクト
機能コンサルタント
Power Automate
Microsoft Power Platform
Microsoft Dataverse

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

ソリューション アーキテクトは、ソリューションの全体的な設計を担当します。 ソリューションの自動化を設計する際に Power Automate の機能の理解は不可欠です。 このモジュールは、Power Automate およびその機能に重点を置いています。

学習の目的

このモジュールの内容は次のとおりです。

  • 自動化とカスタム ロジックのオプションを確認する。
  • トリガーおよび一般的なアクションを使用する際の考慮事項を確認する。
  • ビジネス プロセス フローを使用して、ユーザーにビジネス プロセスを説明する方法を確認する。

前提条件

ジュニア ソリューション アーキテクト、シニア業務コンサルタント、またはシニア開発者として、Microsoft Power Platform のプロジェクトでの作業を体験する。