レポート構造にフィルターを適用する

完了

レポート デザイン時に、[フィルター] ペインを使用してレポート構造にフィルターを適用します。

3 つのセクションがある [フィルター] ペインのスクリーンショット。

[フィルター] ペインには次の 3 つのセクションがあります。

  • すべてのページでのフィルター

  • このページでのフィルター

  • この視覚エフェクトでのフィルター

[すべてのページでのフィルター] セクションでは、すべてのレポート ページとビジュアルに適用される ''レポートレベルのフィルター'' を定義します。 レポートレベルのフィルターはグローバル フィルターです。

[このページでのフィルター] セクションでは、''ページレベルのフィルター'' を定義します。これは、特定のページ上のすべてのビジュアルに適用され、既存のレポートレベルのフィルターに追加されます。 たとえば、レポートレベルのフィルターによってデータが United States という国に制限され、ページレベルのフィルターによってデータが Washington という州に制限されている場合、Country が United States および State-Province が Washington という両方のフィルターが有効になります。

[このビジュアルでのフィルター] セクションでは、''ビジュアルレベルのフィルター'' を定義します。 ビジュアルレベルのフィルターは単一のビジュアルにのみ適用されるため、このセクションは 1 つのビジュアルにフォーカスがある場合にのみ表示されます。これらは、既存のレポートレベルおよびページレベルのフィルターに追加されます。 前の例を拡張すると、ビジュアルレベルのフィルターによってデータが Seattle という市に制限されている場合、Country が United States、State-Province が Washington、および City が Seattle という 3 つのフィルターが有効になります。

レポートおよびページレベルのフィルターとは異なり、ビジュアルレベルのフィルターではメジャーを使用してフィルター処理できます。 メジャーは、ビジュアルをフィルター処理するときに、グループを排除するために使用されます。 たとえば、店舗別にグループ分けする縦棒グラフ ビジュアルがあるとします。 メジャー フィルターを使用すると、店舗の売上合計が一定額より少ないグループ (店舗) を排除できます。

フィルターは単一のフィールドに適用され、次のいずれかのフィルターの種類が使用されます。

  • Basic

  • 詳細設定

  • 上位 N

  • 相対日付と相対時間

基本フィルター の種類では、フィールドにある個別の値の一覧から項目を選択できます。 また、複数選択ではなく単一選択にフィルターを制限することもできます。

高度な フィルターの種類では、データ型に固有の演算子を使用して、より複雑な条件を作成できます。

  • テキスト フィールド演算子 - "contains"、"starts with"、"is blank"、"is empty"などの条件をテストします。

  • 数値フィールド演算子 - "is less than"、"is less than or equal to" などの条件をテストします。

  • 日付フィールド演算子 - "is after"、"is on or after" などの条件をテストします。

論理 AND/OR 演算子を使用して、複数のテストを結合できます。

上位 N フィルターの種類は、ビジュアルレベルのフィルターでのみ使用できるテキストおよび日付フィールドに適用されます。 このフィルターの種類は、収益別の上位 5 個の製品など、上位 (または下位) の項目数でフィルター処理するのに役立ちます。 フィルターを構成するには、売上収益など、集計されたフィールドを渡す必要があります。

[相対日付][相対時間] フィルターの種類は日付フィールドにのみ適用され、''相対日付または時間'' でフィルター処理できます。 相対フィルターを使用すると、レポート コンシューマーは現在の日付と時刻に基づいて、過去、現在、または将来の期間でフィルター処理できます。

ヒント

使用できるフィルターの数が非常に多い場合は、検索ボックスを使用してフィルターの数をすばやく絞り込むことができます。 各セクション内でフィルターをアルファベット順に、昇順または降順に並べ替えることもできます。 また、各フィルターのモデル フィールドを確認する場合、フィルター カードの上にカーソルを合わせると、そのテーブルとフィールド名に関して、モデルへの完全な参照が表示されます。

フィルターをロックして、確実にレポート コンシューマーがフィルターを削除したり、変更したりできないようにすることができます。 レポート、ページ、またはビジュアルのデザインに不可欠なフィルターをロックすることをお勧めします。 さらに、フィルターを非表示にすることができます。 非表示のフィルターは、レポート コンシューマーには表示されません。 レポート コンシューマーがフィルターについて知る必要がない場合 (フィルターでおそらく空白を削除して、データをクリーンアップする場合など) は、それを非表示にすることを検討してください。

[フィルター] ペインとフィルター カードのロックおよび非表示アイコンのスクリーンショット。

[フィルター] ペイン全体を非表示にすることで、確実にレポート コンシューマーがそれを開けないようにすることができます。

[フィルター] ペインと [非表示] アイコンのスクリーンショット。

詳細については、「Power BI レポートでフィルターを書式設定する」を参照してください。