財務と運用アプリで Go-Live を準備する

上級
機能コンサルタント
開発者
ソリューション アーキテクト
Dynamics 365
Finance and Operations
Finance
Supply Chain Management

実施してきたすべて作業の成果は、財務と運用アプリに実装されたソリューションを運用環境に移行することによって得られます。 Go-Live と呼ばれるこの重要なフェーズでは、顧客の満足、高品質のソリューション、および安心感が得られます。 ここでは、Dynamics Lifecycle Services (LCS) を利用して 財務と運用アプリ プロジェクトで Go-Live の準備をする方法について学びます。

学習の目的

このモジュールでは、次の方法について学習します。

  • Go-live の準備をする
  • Lifecycle Services (LCS) 手法を実行する
  • ソリューションのユーザー受け入れテスト (UAT) を実行する
  • FastTrack Go-live 評価について理解する
  • 運用環境を要求する

前提条件

  • テクニカル ライティングに関する一般的な知識
  • 財務と運用アプリ用の Lifecycle Services で利用できるツールに関する知識
  • 基本概念と基本的なアプリケーション ナビゲーション スキルを含む 財務と運用アプリについての基本的な知識
  • 財務と運用アプリへのエンティティ、フィールド、およびリレーションシップの追加についての基本的な理解
  • 財務と運用アプリで法人を作成する方法に関する知識
  • 財務と運用アプリでデータ管理を使用する方法に関する知識
  • 財務と運用アプリの機能についての理解