はじめに

Azure API Management は、Web API とパブリック インターネット間のゲートウェイとして機能します。

あなたは、オンラインの靴の会社の主任開発者であるとします。 会社は急速に成長しており、そのサプライ チェーンを最適化する必要があります。 この最適化を構成する要素の 1 つは、在庫やプランニングなど、一部の内部データとプロセスを公開して、パートナーが現在の在庫レベルに関する情報に直接アクセスできるようにすることです。 パートナーのアクセスは、一連の Web API を通じて提供したいと考えています。 これらの API はパブリック インターネット上に発行されますが、パートナーのアプリケーションのみがそれを使えるようにする必要があります。 会社とパートナーでは統合のコストを最小限にしたいと考えています。開発者チームでは、承認などのあまり重要でない問題よりも、ビジネス ロジックに重点を置きたいと考えています。

このモジュールでは、API を安全に発行するための API ゲートウェイを作成します。 また、API Management のサブスクリプション キーを使い、承認されたものと同じ方法で API の呼び出しを行います。 このモジュールの最後には、API Management を使って任意の API を発行できるようになります。

学習の目的

このモジュールでは、次のことを行います。

  • Azure API ゲートウェイを作成する
  • API ゲートウェイに API をインポートする
  • 開発者のアクセス準備が整った API を発行する
  • サブスクリプション キーを使って API を呼び出す

前提条件

  • Web API の基本的な概念に関する知識 (操作やエンドポイントなど)