まとめ

このモジュールでは、API 管理と、それを使って API を管理する方法について学習しました。 API ゲートウェイを作成する方法と、それらがデータを安全に公開したい企業にとって非常に役立つ理由を学習しました。 API をインポートして発行する方法と、サブスクリプション キーを使って API を呼び出す方法を学習しました。

クリーンアップ

このモジュールを完了したら、サンド ボックスは、リソースを自動的にクリーンアップします。

独自のサブスクリプションを使用している場合は、プロジェクトの最後に、作成したリソースがまだ必要かどうかを確認してください。 リソースを実行状態のままにしておくと、料金が発生する場合があります。 リソースを個別に削除するか、リソース グループを削除してリソースのセット全体を削除することができます。